息子の小学校卒業式がありました。

校長先生の式辞で、「小学校生活は家作りで例えると土台作りです。」

というお話がありました。そして、「その土台をダイアモンドにする為には、

習慣が大切です。」ともありました。

自分が子供の頃にもきっとそのような話を聞いていたのでしょうが、

大人になった今、その話が身に沁みました。

姿勢も、土台である足の裏がしっかりしていないと倒れてしまいます。

足の裏でバランスが取れないと、余計な力を使ってバランスを取るようになります。

なるべく早いうちから良い習慣を付けて、その習慣によって人格(姿勢)が形成されていく。

大人になってから習慣を変えることはとても大変な事ですが、意識的に生きることは

いつまでも成長を止めず、老化を防ぐことになると感じています。