自分の体を知るのに、色々な数字が出てきます。 まず誰もが知っている自分の数字は体重・・・でしょうか。他にも、血圧や心拍数ウエスト周りや視力など・・・健康診断や人間ドックを受ければ、自分の数字がどんどん出てきます。

自分の体を管理するために数字を目安にすることはありですが、それだけに頼ってしまうと、自分自身が数字に支配されてしまいます。極端な話ですが、昨日までは健康的に心も体も元気に過ごしていたのに、ある日受けた健康診断である数値が異常に高かった・・・それを機に生活習慣を改めるところにいければ、健康診断は有効な手段ですが、そこから「自分は○○が悪いんだ・・・」と意識を悪いほうに置いてしまうと、体もそれに反応してしまいます。

ちなみに私は体重を全く気にしません。というよりも、定期的に体重計にのることをやめました。昔から体重は気にしていましたが、妊娠をすると厳しい体重管理が産院からあり、どんどん体重に自分が支配されていきました。どんなに美味しいものを食べていても、常に体重が増えていく感覚があり、今思えばストレスになっていたと思います。体の根本的な改善を始めて初めてそれに気づいたのです。 自分の体重は何キロ以内じゃないといけない・・・理想の体重は何キロだ・・・ともの凄いこだわりが自分の人生を窮屈なものにして、健康的な心身ではなくしていました。 そこで、勇気を持って体重計にのる習慣をなくしました。最初は禁断症状が出て体重計が気になってしかたなかったのですが、少し経つと「あぁ。これでもう体重を気にする必要がなくなったんだぁ。」 ととっても穏やかな気持ちになれました。数年前に禁煙に成功した時の感覚を思い出しました。

それからは、食事を楽しむことが出来て、体重にこだわっていた頃よりも、理想のスタイルに近づいています。